【2018年】洋服のプレゼントは注意!ホワイトデーのお返しを彼氏と一緒に選ぶメリットとは?

2018年2月19日

2018年バレンタインが一段落したかと思えば、来月にはもう一つの一大イベント「ホワイトデー」が待ち構えていますね♪

彼女友人同僚など様々な女性から沢山のチョコレートを貰った男性の皆さん。

誰からどんなチョコレートプレゼントを貰ったかしっかり把握していますか?(笑)

ホワイトデーのお返しの相手を間違ってしまっては女性陣から大クレームが来ることは必至ですよ(笑)

今からでもしっかり確認してちゃんと把握しておきましょうね!

何事も早めに準備しておいて損はありません!

とはいえ、実際にホワイトデーにどんなものをお返しすれば女心を満足させられるのかイマイチわかりませんよね?

下手に無難なものをあげてがっかりされても困りものです。。。

高価すぎたり奇をてらったものを贈って気を遣わせるのもいけません。。。

ホワイトデーのお返しチョイスは結構難しいんです。

 

今回は、そんな
ホワイトデーに女性に何をプレゼントしたら喜んでくれるかわからない。。。
とお悩みの男性の皆さんの参考になりそうな、ある20代カップルのホワイトデーのプレゼントエピソードを聞いてみたいと思います。

男性の方々は是非とも参考にしてみてくださいね♪



 

これこそお互い満足!?ホワイトデーは一緒に買物に行って彼女に直接買ってあげよう!

私は20代後半の社会人です。
彼も20代後半の社会人です。

ホワイトデーが近づいてきたある日、彼はふとどんなプレゼントが欲しいかを聞いてきていました。

私は普通に洋服が欲しかったので素直にそう答えていたと思います。

そしてホワイトデー当日、お返しにもらったプレゼントは前からずっと欲しかった「ディーゼルのデニム」でした。

これは、私が以前から本当に欲しかったものでした。

というのも、正確には私のリクエストで”一緒に買いに行ったんです。

私の持論なんですが、やはりプレゼントはサプライズで貰うのも嬉しいですが、自分が欲しいものを一緒に買いに行って選ぶのが一番いいと思っています。

特に、私が特に欲しい洋服等の場合はサイズ感や趣味の問題もあるので、サプライズで選んでもらうのはちょっとハイリスクだと思います。

これは私の過去の経験からも言えることです。

 

その昔、私がもらって残念だったプレゼントがニットのセーターでした。

これはサプライズで選んでもらったもので、先述したとおり試着も何もできていないのでリスクが高かったんです。

案の定、やはりサイズが少し小さくて、ほとんど着ていません。

せっかくもらったので着たいのは山々なのですが、着るとパツパツになってしまってダサいので、着ることができずにタンスにしまったままになってしまっています。

この時、やはりプレゼントに関しては、もう子どもではないのだから、無理にサプライズにこだわる必要はないなと強く思うようになりました。

はっきり言うと、「自分が欲しいものを素直にもらいたい」と思っています。

 

私は人にプレゼントをあげるときは、絶対に相手に欲しいものを確認してからプレゼントします。

その方が確実ですし、お互いにwinwinな関係になると思います。

プレゼント選びに無駄な時間を使うこともなく、せっかくあげたのに喜んでもらえないということを事前に防げます。



 

【2018年】ホワイトデーのお返しは一緒にデートがてら彼女の好きな洋服をプレゼントしたい!

今年2018年のホワイトデーのプレゼントで私が欲しいものは、「パタゴニアのフリース」です。

パタゴニアは2月になるとセールで少し安くなるので、この機会に是非購入しておきたいのも入手したい理由の一つでもあります。

そして、もちろん貰えるならプレゼントで是非欲しいのは言うまでもありません。

また、もしもホワイトデーに貰えるとしても、やはり一緒に買いに行って試着してから買ってもらいたいです。

この方法だけは譲れません(笑)

一緒にデートして、彼女の意見を取り入れながら選ぶのはとても楽しいですし、彼女にプレゼントを準備させる手間を省かせることができます。

だいたいの女性は私のこの方法に大賛成してくれていました。

これからプレゼント選びにお悩みの方は、ぜひ彼氏や意中の男性と一緒にデータの中でプレゼントを一緒に選んでみてください。

一緒にプレゼントを選んでいるデート自体がとても楽しくて思い出に残るデートになりますよ♪

是非ともおすすめです!



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい注目記事