【2018年】モノよりコトが嬉しい!?40代夫婦のホワイトデーのお返し事情とは?

2018年ホワイトデーは愛する妻へどんなお返しを考えていますか?

バレンタインデーやホワイトデーは一見、若者を中心としたカップル達だけのためにあるようなイメージが先行しがちですが、そんなこともありません。

もちろん、結婚している「夫婦」にとっても重要なイベントでもありますね。

結婚して子供が生まれると、バレンタインやホワイトデーは軽視されやすいイベントではありますが、日頃の感謝を伝えたり、愛情表現ができる絶好の機会ともいえます♪

なかなか気持ちを口に出して表現することが苦手な日本人にとっては本当にいい機会なんです♪

今回は、そんな夫婦にとって参考になるかもしれない、ある40代夫婦の素敵なホワイトデー事情を聞いてみたいと思います。



 

食べ物より一緒にディナー!妻が本当に喜んだホワイトデーのお返しとは?

私は40歳の専業主婦です。

主人は41歳の会社員です。

主人からのホワイトデーのお返しで、とても印象的で嬉しかったものについてお話します。

ホワイトデーのお返しといえば、よくあるクッキーの詰合せなどのお菓子が主流だと思います。

ホワイトデーは男性の皆さんがこぞって、ちょっと高級なスイーツやアクセサリーやかわいい雑貨などを買い求めるものだと思っていました。

だから、当時の自分自身もそんな類のモノが貰えるのかな?
なんて事前に想像はしていました。

でも違っていました。

そのプレゼントの内容はスイーツ等の食べ物ではなく、

「海が見えるレストランでのディナー」でした。

当時の主人はとても雰囲気のいいレストランで、コース料理のディナーを用意してくれていたんです。

普段は恥ずかしがり屋で、そんなシャレたことのできる人ではなかったので、とてもびっくりして嬉しかったです。

素敵な景色と美味しい料理とデザートを堪能して、忘れられないデートになりました。

 

それだけではなく、わざわざお花も用意していてくれました。

食事だけでなくしっかり花束も用意してくれていて本当に嬉しかったです。

って、なかなか自分では買わないですよね?

自分で買わないようなものを貰えるとやっぱり嬉しいものです。

ホワイトデーはお返しを選ぶ男性の方も大変だとは思いますが、バレンタインにチョコレートを贈る側も、けっこういろいろと考えて贈ります。

職場の男性に義理チョコを、とかなら値段で選んで大量購入するのでそこまで気持ちを入れなくても大丈夫だとは思います。

しかしながら、彼氏や主人等の大切な方に贈るとなれば、いろいろ考えて贈るんですよね。

だからお返しも、値段や物の価値ではなく、

私のことを考えてくれたんだ。。。

とわかるものが結果的に嬉しいプレゼントになるものです。



 

【2018年】40代の妻が本当に欲しいホワイトデーのお返しとは?

主人と結婚してもう10年になるので、最近は子どもたちと一緒にチョコレートを手作りして渡しています。

ですので、お返しを期待しているわけではないのですが、貰って嬉しいのはやっぱり、、、

お花ですね。

あと、私が好きなパン屋さんのパンとか、普段買わないスイーツなんかをホワイトデーに買って帰ってきてくれたら、それはそれで嬉しいです。

あと、これは気遣いの問題になるのですが、

私が「これが欲しいなぁ、、、」と普段話していた内容を覚えてくれていて、ちゃっかり買ってきてくれたりも嬉しいです。

ちゃんと覚えてくれていたことがとにかく嬉しいんです。

知り合いのママさんから聞いた話ですが、ホワイトデーにいつもご主人が料理を作ってくれると言っていました。

そんなことしてくれたら本当に最高ですよね♪

基本的にはホワイトデーのお返しはどんなものでも嬉しいです。

気持ちがこもっていればいいんです。

だから、結婚して夫婦になったらとにかく「ありがとう」の気持ちが伝わるプレゼントがより嬉しく感じるのかなと思っています。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい注目記事