【2018年】父親にバレンタインチョコを贈りたい!30代主婦がプレゼントした感謝の気持ちとは?

2018年のバレンタインデー。
女性の皆さんは周囲の様々な方にチョコレートを贈りますね♪

その贈る理由もきっと様々ではないでしょうか。

  • 「日頃の感謝の気持ちを伝えたい!」
  • 「大切なあの人に愛情を贈りたい!」
  • 「片思いの気持ちを届けたい!」
  • 「コミュニケーションの一環で友達に配りたい!」

想像してみると思い当たる相手の方が浮かんできませんか?

バレンタインは職場学校などの普段からよく顔を合わせる方へチョコレートを贈る方が殆どかもしれません。

しかしながら、社会人になって家を出てからあまり顔を合わせられなくなった家族へ贈るバレンタインチョコレートだって相当数需要があるものです。

その代表的な相手が「父親」ではないでしょうか?

今回は、ある30代主婦が実際に父親に贈ったバレンタインチョコのエピソードを聞いてみたいと思います。



 

本当は喜んでる!?30代主婦が60代父親に贈ったバレンタインチョコレートって?

私は36歳主婦です。

これは、昨年のバレンタインに63歳の実父に実際にチョコレートを贈ったエピソードになります。

これまで私は、父親に対してバレンタインにも父の日にも特別なことをしてきませんでした。

しかしながら、昨年は2人目の子供が産まれ、父親が遠くからはるばる会いに来てくれたこともあり何かお礼をしたいと考えていました。

住んでいる場所も離れているため直接何かをプレゼントするのは現実的ではなかったため、バレンタインの機会にネットでチョコレートを購入してみようと考えていました。

小さい子供が2人もいるのでなかなか帰省することもできず、お正月もテレビ電話で話しただけでした。

でもテレビ電話で見る父は、退職して毎日暇そうにしているようで明らかに淋しそうに感じられました。

また、父も私も照れ症なので、そんな時でさえもあまり話すことが出来ない関係性なんです。

そんなこともあり、改まって直接バレンタインにチョコレートを渡すなんてことは少し恥ずかしい感じがしていました。

なのでバレンタインチョコレートをネットで購入して発送するのは、私にとってはとても都合がよい方法だったと思います。

そんな私が父にプレゼントしたのは横浜チョコレートの「バニラビーンズ」というお店の「ショーコラ&パリトロ8個入」です。

楽天市場でいつもランキングの上位に入っていたのでずっと気になっていたのですが、高いので自分用に買うことはありませんでした。

でも、今回のバレンタインのプレゼントとしてなら丁度良いと考えてすぐに手配して、無事バレンタイン当日の少し前に実家の父の元に届けることができました。

母曰く、父は届いたチョコレートを見て特別感のあるチョコの雰囲気にとても喜んでくれたようです。

本当は、父が甘いものを食べているところはほとんど見たことが無かったため、チョコなんて食べるのか実際は心配だったんです。

しかし、母によると、一人で毎日一つずつ大切に食べていたそうです。

バニラビーンズ」の「ショーコラ&パリトロ8個入」は原料にこだわった高品質な甘すぎない大人の味わいのチョコだったので男性にも向いていたのだと思います。

遠くに住んでいるのでめったに実際に会って手渡すことはできませんが、ネットを利用すればこうやって気持ちを伝えられるのは嬉しいかったです。

「ショーコラ&パリトロ8個入」の詳細はこちら

 

2018年バレンタインに父親に贈りたいチョコレートとは?

昨年の「バニラビーンズ」の「ショーコラ&パリトロ8個入」が思いの外大成功だったのでまた父にチョコを贈りたいと思っています。

今年のバレンタインに父にプレゼントする予定のチョコレートはゴディバの「チョコアイス ギフトセットです。

Kishi Naokoさん(@nnao0204)がシェアした投稿

ゴディバのチョコレートは定番なので私自身も食べたことがあり、アイスクリームも濃厚で絶品なのでぜひ父に試してもらいたいと思っています。

@mairousaがシェアした投稿

ゴディバの「チョコアイス ギフトセットの詳細はこちら

 

実は、敢えて通常のチョコレートでなくチョコレートアイスを選んだのには理由があります。

それは昨年母から聞いた、「父と母の出会いのエピソード」が大きなきかっけになっています。

 

※下記よりエピソード※

父と母は社内恋愛で、父の仕事のサポートをしていたのが母でした。

職場で父は昼食の後に必ずカップアイスを食べていたそうです。

母は、「よく食べるのに太らないなぁ」と当時感心していたそうです。

また、母は父に「年末の寒い日にアイスなんて食べたら体が冷えるよ」と声をかけていたそうですが、父は「寒いときに暖かい部屋で食べるアイスが格別なんだよ」と答えたそうなんです。

その後2人は交際を開始して4年後に結婚しました。

※ここまでエピソード※

 

なので、私としては今年2月のバレンタインには、寒い日に暖かい部屋でおいしいアイスを2人で食べてもらいたいと思っているんです。

照れながらも嬉しそうに食べる姿が目に浮かびます。

今年も直接父に会えるか分りませんが、両親にはいつまでも仲良くしてもらいたいです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい注目記事